【後編】Vagrant+CentOS 6にOracle Database 12cをインストールする

スポンサーリンク

Vagrant+CentOS 6の環境にOracle Database 12c Release 1をインストールした時のメモの後編です。

前編はコチラです!

Vagrant+CentOS 6の環境にOracle Database 12c Release 1をインストールした時のメモです。 今回は前編です。...

環境

Oracle Database 12c Release 1 (12.1.0.2)
CentOS 6.8 (ゲストOS)
Vagrant 1.9.5
VirtualBox 5.1.22 r115126 (Qt5.6.2)
XQuartz 2.7.11 (xorg-server 1.18.4)
macOS Sierra 10.12.5

手順

前編の続きです。

unzipパッケージをインストールする

Oracle Databaseのzipファイルを解凍するために、unzipパッケージをインストールします。

インストールの作業用ディレクトリを作成する

インストールの作業用ディレクトリを作成します。

あらかじめダウンロードしておいたOracle Databaseの2つのファイルは、このtmpディレクトリに格納しておきます。

Oracle Databaseのzipファイルを解凍する

日本語を設定する

oracleユーザの「~/.bashrc」ファイルを編集して日本語を設定します。

設定を反映します。

Oracle Databaseをインストールする

準備が長かったですが、いよいよOracle Databaseをインストールします。

インストーラが起動しなかった場合は以下もご覧になってみてください。

「セキュリティ・アップデートをMy Oracle Support経由で受け取ります」のチェックを外し、「次へ」をクリックします。

「はい」を選択します。

「データベース・ソフトウェアのみインストール」を選択し、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「インストール」をクリックします。

ここで、構成スクリプトを実行する必要があります。

新たにターミナルを開き、rootユーザになります。

スクリプトを実行します。

スクリプトの実行が終わったら、「OK」をクリックします。

「閉じる」をクリックします。

環境変数を設定する

最後に環境変数を「~/.bash_profile」に設定します。

これを

このようにします。

設定を反映します。

以上です!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)