Microsoft Remote Desktopでも日本語キーボードを使う

スポンサーリンク

macOSからWindowsに接続するために使っていたのですが、来る日も来る日も日本語キーボードが使えなくて、そろそろ使い続けるのは諦めようと思っていたMicrosoft Remote Desktop。

偶然にも日本語キーボードが使えるようになりましたよー

無理矢理ですけど。


確認した環境

Microsoft Remote Desktop 10.2.0
Parallels Client 16.5.20266
Windows Server 2012 R2
macOS High Sierra 10.13.5

ざっくりと経緯

Microsoft Remote Desktopを使い始めて、しばらくして、気付きました。
shift + 2を押したら「@」・・・。

ということで解決方法を探し始めたのですが、ググればググるほど簡単な問題ではなく、試しては失敗の繰り返しでした。

そしてたどり着いたのは、Microsoft Remote Desktopは諦めるという結論でした。

参考にしたサイト様

代わりにParallels Clientをインストール。
レジストリを変更して再起動したら、日本語キーボードが使えるようになりました。

それではとMicrosoft Remote Desktopを消そうと思ったのですが・・・

ナント!

サインアウトしなければMicrosoft Remote Desktopでもそのまま日本語キーボードが使えるんですネー!

手順

まとめると、必要な手順は以下の3ステップです。

  1. レジストリを変更する
  2. Parallels Clientでサインインする
  3. サインアウトせずにMicrosoft Remote Desktopに切り替える

1. レジストリを変更する

まずは1つ目、以下のページを参考にレジストリを変更します。
#お約束ですが、レジストリの変更は大変危険なので自己責任でお願いします。

修正した結果です。

レジストリを変更したらWindowsを再起動します。

2. Parallels Clientでサインインする

サインインするときはParallels Clientを使います。
Parallels Clientでサインインすると日本語キーボードになるからですね。

Parallels Clientの出番はここまでです。

3. サインアウトせずにMicrosoft Remote Desktopに切り替える

サインアウトしないままMicrosoft Remote DesktopでWindowsにRDP接続します。

これでMicrosoft Remote Desktopでも日本語キーボードが使えます!

#サインアウトや再起動したら再びParallels Clientでサインインです。

まとめ

Microsoft Remote Desktopでも日本語キーボードが使えるようになりました。

Parallels Clientだけでも日本語キーボードが使えますし、サインインするときに一手間かかるのですが、Microsoft Remote Desktopを使い続けたかったので、個人的には大満足です!

では

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)