Vagrant+CentOS 6にopensource COBOLの開発環境を構築する

スポンサーリンク

Vagrant+CentOS 6にopensource COBOLの開発環境を構築したので、その時のメモです。


環境

opensource COBOL v1.4.0J rpm版
CentOS 6.8 (ゲストOS)
Vagrant 1.9.5
VirtualBox 5.1.22 r115126 (Qt5.6.2)
macOS Sierra 10.12.5

手順

VirtualBoxをインストールする

VirtualBoxを以下からダウンロードしてインストールします。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

Vagrantをインストールする

Vagrantを以下からダウンロードしてインストールします。
https://www.vagrantup.com/downloads.html

CentOS 6.8のBoxを検索する

以下のサイトからCentOS 6.8のboxを検索します。
https://atlas.hashicorp.com/boxes/search

今回は「bento/centos-6.8」を使います。

VagrantでCentOS 6.8環境を構築する

任意の場所にVagrant用のフォルダとCentOS 6用のフォルダを作ります。

centos6フォルダの中で以下を実行します。

Vagrantfileが作られました。

Vagrantfileを編集します。
この部分のコメントアウトを外して、

この様にします。

CentOSを起動します。

CentOSに接続します。

アップデートします。

opensource COBOLをインストールする

以下のページにアクセスし、「opensource-cobol-1.4.0J-1.el6.x86_64.rpm」をダウンロードします。
https://www.osscons.jp/osscobol/download/v1_4j/

ダウンロードしたrpmは先ほど作成したcentos6フォルダに格納しておきます。
そうすると、「/vagrant」から参照できます。

yumでインストールします。

コンパイルしてみる

試しに以下のプログラムをコンパイルします。

「hello.cbl」をvagrantフォルダに格納しておきます。

以下のコマンドでコンパイルします。

gmp.hが見つからなかったので、gmp-develのインストールが必要です。

再度コンパイルします。

ncursesが見つかりませんでした。
ncurses-develのインストールが必要です。

再度コンパイルします。

dbが見つかりませんでした。
db4-develをインストールすると解決します。

再度コンパイルします。

成功してhelloファイルが作られました。

実行してみる

実行します。

libcob.so.1が見つかりません。
lddコマンドで確認します。

libcob.so.1がnot foundになっています。
libcob.so.1を検索します。

/usr/local/libに格納されていましたので、「/usr/local/lib」を記載したconfファイルを作成してパスを通します。
#パスの通し方は色々とあるので、この方法が良い方法かどうかは分かっていないです。ごめんなさい!

ldconfigコマンドで設定を反映させます。

再度実行します。

うまくいきました!

終了します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)